スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーギリヤ・ロック[天空の城とは?]

THE世界遺産で紹介されたシーギリア・ロックとはいかなるものなのでしょうか?

スリランカの古代都市[シーギリア]に大きくそびえ立つ岩、それがシーギリアロックです。

シーギリヤ・ロック
[wikipediaより]

聖地とされるシーギリアロックの頂上には、1500年ほど昔にお城があったそうです。

まるで天空の城ですね。

なぜこんなところに建てたのでしょうか?

カーシャパ王(カッサパ王)は父親を殺したことで、弟モッガラーナの復讐を恐れます。

その復讐から逃れるためにこんなところにお城を建てたようです。

最終的にはモッガラーナに敗れ自害したそうですが、

人は恐怖から逃れるためにこんな所にお城を建てようとするんですね。

一度過ちを犯したことでその後の人生が狂い、最終的には逃れられなくなるという、

過ちを犯した人間の辿る道を表しているようで興味深いと思いました。


tag : シーギリアロック, スリランカ, 世界遺産, 天空の城

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。